PBLの説明・イメージ図

PBLの説明・イメージ図

メイプル・プログラムでは、日本語日本文化専門演習(MDR:Directed Research and Reading)において、私たちが生活する箕面市について探究するPBL(Project - based Learning)に取り組んでいます。本学習活動の目的は、箕面の自然・歴史・文化・社会を幅広く知ることによって「箕面らしさ」とは何かを考え、それをグループで話し合い、適切な形で発表・発信することです。留学生は、グループで協力して「箕面らしさ」を探究し、発表会においてその成果を披露します。

本学習活動は、の図のようなイメージで、さまざまなつながりに基づいて成立しています。まず、過去から未来へのつながり、日本と海外のつながりがあります。過去から未来へのつながりとは、以前の留学生の発表成果をもとに、現在や将来の留学生がさらに探求を深めていくという学習の積み重ねを表しています。また、日本と海外のつながりとは、留学生のルーツである海外の国・地域と日本の比較をしながら、留学生としての視点で日本を見つめるということです。

さらに、当センター(CJLC)とCOデザインセンターのつながり、大学と地域・企業のつながりです。本学習活動には、箕面観光ボランティアガイドの皆さま、箕面公園管理事務所の皆さま、大阪大学COデザインセンターの先生方に協賛としてご参加いただいており、留学生は発表を作り上げるプロセスにおいて、皆さまからさまざまなアドバイスをいただいております。その他、発表会には企業の皆さまもご参加くださり、質疑応答等を通して発表会を有意義なものにしてくださっています。このように、地域社会に対する理解を深めようとする留学生の学習活動に、温かいご支援をいただいております。

留学生は、さまざまなつながりを基盤として自然・歴史・文化・社会についての知見を深め、自分たちが見つけた新たな「箕面らしさ」を伝えることを目指します。本学習活動では、留学生が見せてくれる豊かな発想や、他者とのコラボレーションに大いに期待しています。